永安寺学園幼稚園の施設

〒157-0077
東京都世田谷区鎌田3-23-19
TEL:03-3709-0400

東急田園都市線二子玉川駅からお越しの場合
西口より:徒歩15分
東口より:小田急・東急バス「成城学園行き」約9分 – 「世田谷総合高校」下車徒歩2分

小田急線成城学園前駅からお越しの場合
南口より:小田急・東急バス「二子玉川行き」約15分 – 「世田谷総合高校」下車徒歩2分

クリックして拡大
くわしい地図はこちら

通園方法

 保護者と一緒に徒歩・自転車又は、通園バスの利用となります。車での送迎は禁止です。

クリックして拡大

制服

上品な園服と元気な体操服

 永安寺学園幼稚園の特徴の一つは制服です。グレーのアウターに緑色と紺色チェックのボトムス。紺色の帽子に紺色の靴下で、とても上品なデザインの園服です。永安寺学園幼稚園のオリジナルデザインです。

 体操服は、白色にピンク色と水色の賑やかな模様のトップス、鮮やかなエメラルドグリーンのハーフパンツです。

体操服について

素材
クラレ ウォーターマジック

施設

園舎

 明るく心地よい教育環境は、子どもたちが初めて経験する社会生活の場として欠かせないものといえます。園生活を通じて心身共に健やかに成長するためには、園児を取り巻く環境において万全の安全対策を施し、細部にわたる気配りや工夫が必要と考えます。

 永安寺学園幼稚園は、21世紀を担う子どもたちを育むために、最新の技術・素材を生かした園舎に建て替えました。耐震性を充分考慮して設計された建物です。

【健康素材・自然素材】
  • 使用する合板類は床、壁、家具類すべてノンホルマリンの材料を使用し、子どもたちの健康に配慮しました。
  • 腰壁や化粧材には天然の木材を使用しています。
  • 全館、床暖房とエアコンを設置しています。

安全対策

園では日頃から園児の安全確保と安全管理につとめています。
  • 日常の警備は24時間体制で綜合警備保障(ALSOK)が管理しています。
  • 防犯と園内で起きる様々な小事故を未然に防ぐため、必要箇所に監視カメラ(16台)を設置しています。
  • 門の開閉、施錠を徹底し、外部からの出入りのチェックの強化をしています。
  • 非常通報体制(学校110番)を設置しています。
  • バス通園と徒歩通園の入り口を分離し安全を図っています。

園庭道具

子どもにとって安全な遊具
 子どもたちのあそびは、一生消えることのない財産です。その時期のあそびによってしか得られない豊かな経験が、将来の社会を築く原動力になるといえます。

 子どもは、遊ぶことによってさまざまなことを学んでいます。特に屋外におけるあそびは、より具体的に経験を繰り返す機会として、子どもの成長に欠かすことはできません。永安寺学園幼稚園の園庭遊具「コンパン遊具」は、遊びの価値に基づき、より安全で豊かなあそびを、実現するための環境を創造する遊具です。

コンパン遊具
 デンマークのコンパン社は、1969年に設立し、デンマーク・オランダ・米国にまたがり、世界で唯一、遊具だけを専門的に調査・研究・開発・製造している専門メーカーです。
科学的研究に基づいた開発
 子ども達は成長とともに、遊び方や必要とする道具や環境が変わります。コンパンは子どもの発達段階や遊びの性質に着目し、子どもたちが何を求めているのかを科学的に研究し、遊具を開発してきた世界唯一のメーカーです。

誰もが遊べる遊具を目指す
 全ての子どもには遊ぶ権利があります。そして遊具はひとりひとりの要望に十分に応える義務があると我々は考えます。例えば体に不自由のある子どもだけのために特殊な遊具を開発するのではなく、皆が共に自由に遊べることが大切であると考え、ひとつでも多く、誰もが遊べる遊具の開発を進めています。

素材
 温かさ、冷たさ、肌で様々な素材に触れ、感じて学ぶ。できるだけ多くの素材に触れることは、子どもの成長において大変重要なことです。
 コンパンは、木から始まり、プラスチック、鉄、ステンレスなど、遊びと安全性と耐久性に配慮しながら、適材適所の素材えらびが図られています。
 遊具独特の明るい色彩は、周囲にそこが子ども達のあそび場であることを示し、子ども達には「自分の場所」であることを示すサインになります。成長の途中にいて、大人ほど早く的確にものの存在を見分けることができない子ども達に、輝くような視認性の高い色彩が状況をいち早く伝え、危険から守っているのです。
安全性
 デンマーク・コンパン社は、遊具メーカーでありながら、EN1176ヨーロッパ遊具安全基準政策策定委員会のメンバーに選ばれており、安全基準を深く熟知した上で、開発を行なっています。
 開発までに十分な時間をかけるとも、デンマークの小学校や公園で実際に遊ぶ子どもの姿を見て、その安全性を確信に変えるためです。